お茶丸

特徴
浮島
製法
粒あん

浮島生地は、宇治産の有期抹茶、口溶けが良い、健康卵、蒸し菓子、別立て法(卵の加工の一つ)、白あん

皮の付け方は独自の製法

粒あんは、刻み栗入り、北海道産小豆、甘さひかえめ

抹茶まんじゅう「お茶丸」

高級抹茶の風味と浮島の食感
お茶丸

「抹茶浮島まんじゅう・お茶丸」
周りの皮はふわっとした抹茶仕立ての蒸し生地。
京都宇治抹茶の独特の香りと味わい、中に栗が入った粒あん。
——————————–

有機栽培の高級な抹茶

有機栽培の高級な抹茶を使っているので
抹茶の香りが上品です。

抹茶は苦いもの、
渋いものという印象がありませんか?

実は違います。上質の抹茶なら
苦みよりも、まろやかでコクのある味わい、
深みのある香りをお楽しみいただけるんですよ!

蒸し生地”浮島”のふわっとした食感に合わせた粒餡と、
抹茶の香りが、上品で奥深い味に仕上がっています。
それが京みずはの「お茶丸」というお菓子です。

日々のおやつや、お茶うけ等にオススメです。
————————————–

まわりの皮は、ふわっとした食感で、
中はあっさり甘い自家製の粒あん。
そして粒あんには栗を混ぜ込みました。

この緑色は上質な天然の抹茶の色で、着色料は一切使っていないため、抹茶の色が変わる可能性がございます。

———————————–

和菓子ならではの浮島の技法

「浮島(うきしま)」というお菓子は
ご存知ですか?

和菓子独特の技法で、
白餡と卵で作る洋菓子のスポンジのような
ふんわりとした生地のお菓子です。

洋菓子のスポンジ良くにていますが、スポンジと違い、
生地が柔らかく、しっとりとした口あたりが特徴です。

浮島は、ふわ~っとしつつ、
重みがあってすーっと溶けるように、
舌どけがよい不思議な感触です

見た目はシンプルですが
とても手間をかけて作られています。

難しい技術ですが、
あえて浮島にこだわります

浮島の生地をお菓子に使う場合、普通は薄く平たく蒸して、棹もの(羊羹など)を作る時に使います。
浮島の生地を円い形で作ることは珍しく、皮のように包む事は難しいです。

浮島の生地はふわふわした食感です。この不思議な食感は卵と白餡から作られます。
——————————-

お客様からの「美味しかった」のお声

上質な素材を使用されているのがよくわかりました。小ぶりでしたがとっても美味しかったです。

——————————————————————————–

ふわっとしたほんのりお茶の苦味がある生地の中に粒餡がぎっしりでした。
苦味と粒餡の甘味が口の中で一緒になっていい感じ♪美味しかったです。もう少し安ければ、と思います。

——————————————————————————–

こちらは友人が注文しました。友人曰く、「つぶあん好きにはたまらない美味しさ。
どっしりしてるから一個で充分!」だそうです。私もつぶあん大好きなので、今度頼んでみたいと思います。

——————————————————————————–

あの抹茶のふわふわ感、そして何よりも おいしい粒餡!
素朴な、そしてなんて上品なあんこでしょう!!

——————————————————————————–

つぶ餡好きの私には大満足のお味でした。
あっさりしたつぶ餡と、上品な抹茶の皮がとてもおいしかったです。
お友達にも差し上げましたが、とても好評でした。

——————————————————————————–

上品なあんこの味が気に入りました。
あんこを覆う、お茶味の物もしっとりとした感じが食感よく、マッチしています。又、頼みたいと思います。

——————————————————————————–

値段は高いけれど、今まで食べたどこの抹茶和菓子よりも美味しいです。
もっと買っておけば良かったなあ。

—————————

詳細情報
内容量 1個あたり約50グラム
賞味期限 発送日を含めて7日
保存方法 常温(未開封)
原材料とアレルギー表示はこちら
天然の抹茶は紫外線により変色しやすいものです。
着色料は一切使用しておりませんので、電球や日光の紫外線が
当たらぬように保管し、お早めにお召し上がり下さい